のんびり鳥活+α日記

のんびり鳥活+α日記

~鳥とともに選択多きアラサーを駆けぬける~

その後のくうちゃんの報告 ~セキセイインコ入院・退院・自宅療養~

こんにちは。ぽすちです。

かなりお久しぶりの更新となってしまいました。

 

実は2月下旬にくうちゃんを病院にお迎えに行き、

その3日後に陣痛が来て、その翌日に無事に出産しました。

 

いやー危ない危ない。ニアミスでした。笑

 

出産も出産で色々あり、

「いきんでいいですよ!」からなかなか胎児が降りて来ず、

そうこうしている間に4時間くらいが経過し、

陣痛が遠のき、

陣痛促進剤を投与され、

それでも降りて来ず、

結局鉗子分娩で先生がスプーンみたいなやつで引っ張って出すという。

 

 

 

 

初めて我が子と対面したときに出た言葉は

生まれてきてくれてありがとう…涙」

ではなく

やっと出た…………疲」でした。

ごめん我が子。笑

 

それでも子どもは元気に産まれてきてくれました!

 

先日やっと1カ月がたち、少しずつ子どもがいる生活に慣れてきたところです。

世の親達はこうやって子どもを育てている(いた)んだと思うと、尊敬しかありません。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、その後のくうちゃんですが、

実は…

回復したんです………!!!

 

私が入院するときはまだダルそうな顔をしていて、餌も少ししか食べていなかったので正直どうなるか微妙だなと思っていました。

 

陣痛に耐えて耐えてさぁ病院へ行こう!という時に

夫には「万が一のことがあってもあなたせいではないから!」とお世話を託し、

くうちゃんには「お互いに頑張ろうね!帰ってきたら遊ぼうね。」と声を掛けてから行きました。

 

 

 

 

入院中は夫から毎日動画や写真が送られてきました。

入院1日目あたりで、餌を食べているよ!

入院2日目あたりで、粒便になったよ!

入院3日目あたりで、喋ったよ!

入院4日目あたりで、飛んだよ!

 

と、日に日に回復している兆しを見せてくれました。

 

 

今ではこんな感じです。

f:id:posuchi:20210325103806j:plain

目が窪んでいたのが治りました…!

背眠もほとんどしなくなりました…!

 

1週間前くらいに換羽が始まり、とげとげしています。

 

 

 

 

いつもより大規模な換羽で、かなり羽が抜けました。

1日分でこんなに抜けていました。

f:id:posuchi:20210325103931j:plain

 

風切り羽までほとんど抜けてしまい、全ての羽が入れ替わったのではないかと思えるくらい抜けちゃいました。

 

 

 

換羽中は体力の消耗が激しいので、また胃炎やマクロラブダスの再発に注意しなきゃと保温は継続していますが、当の本人はケロッとしています。

よかった…!!

 

 

 

 

ケージに近づくと俊敏に近寄ってきます。

f:id:posuchi:20210325103822j:plain

f:id:posuchi:20210325103838j:plain

 

 

 

 

 

 

少しずつ放鳥も始めました。1回10分くらいですが。

セキセイインコあるある「ヘドバンが激しくて写真がブレる。」

f:id:posuchi:20210325103900j:plain

f:id:posuchi:20210325103913j:plain

 

 

 

回復時の餌と糞の様子としては

 

食べない 

【緑色の水便(絶食便)】

粟だけ食べる(ミックスシードの中から粟だけを探して食べる)

【食べたものがそのまま消化されずに出る粒便】

好物のみかんや林檎を食べる

【粒便】

異常な食欲を見せるが実際はあまり食べられていない

【粒便】たまに【水っぽい下痢便】

粟意外にも麦やらほかの2種類くらいも食べるようになる

【柔らかい便】

普通に餌を食べるようになる

【濃い緑色に尿酸の白が混じった普通の便】

青菜を食べるようになる

【普通の便】

 

こんな感じでした。

 

 

 

あとは寝てばかりいたのが、

段々起きて餌を食べている時間が増え、

ちょっと鳴くようになり、

羽繕いをするようになり、

最終的にお喋りをするようになりました。

 

 

体重もいつもの重さに戻り、足のグリップ力も戻りました。

何より指に乗せると足が暖かいです。

 

 

もう2度とくうちゃんのお喋りが聞けないかと思っていたので、

産院から帰ってきて「くうちゃん!可愛いね」と自分で喋っている声を聞いた時は涙が出そうになりました。

本当に本当によかったです。

 

 

 

あんな状態で退院したのに、食べられたら回復できるんですね。

治療のための流動食よりも、いつも家食べてた消化が悪いミックスシードを食べて回復するなんて思いもよりませんでした。

 

あのとき病院から連れて帰ってきてよかったです。

あれ以来病院には連れて行っていないので、きっとあのお世話になった病院ではくうちゃんは亡くなったと思われていると思います。笑

 

 

 

ブログに書いたことで、沢山の方に応援して頂きました。

出産直前にくうちゃん危篤騒ぎがあり

精神的に参ってしまった私にとって、本当に励みになりました。

コメントやブックマーク、スターを下さった方々、本当にありがとうございました。

こんなコロナの時代でなかなか人と直接会えませんが、こういう繋がりもとても暖かいものなんだなと感じました。

感謝感謝です…!!!

 

 

 

 

くうちゃんの病気についてはひとまず一件落着といったところです。

 

ところで、私は里帰り出産はしなかったのですが、夫がとても積極的に新生児のお世話をしてくれています。

そのときに「今回、くうちゃんのことがあって、その時のお世話はその時にしかできないって改めて気づかされたから今のお世話を頑張る」ということを言っており、確かにそうだなぁと私も改めて気づかされました。

 

くうちゃんのお陰で「もっと積極的にお世話してよ!」的な産後のイライラや夫婦喧嘩

もありません。笑

今ある命は当たり前じゃなくて一緒にいられることに感謝して、今後も1日1日を過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

暖かくなってきて、外は桜も満開だそうですね!

私は家に引きこもっていて浦島太郎状態です。笑

でも家のベランダに昨年植えたユスラウメが咲いていて春を教えてくれました♪

f:id:posuchi:20210325104055j:plain

 

 

 

 

 

もうジョウビタキは帰ってしまったかな?

f:id:posuchi:20210325104021j:plain

 

 

 

 

これからはメジロと桜の共演が見れそうですね!

f:id:posuchi:20210325104044j:plain

 

 

 

 

 

 

なかなか外に行けない私の代わりに夫が鳥を見に行って写真を見せてくれます。

f:id:posuchi:20210325104008j:plain

これはコジュリン??

 

 

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20210325104034j:plain

猛禽類もいたそうです。ふわふわで可愛い。

 

 

 

 

 

きび団子を持っている疑惑の夫はついにキジのオスのみならずメスまで出会えたそうです。

f:id:posuchi:20210325103956j:plain

f:id:posuchi:20210325103948j:plain

メスはなんか大きいうずら感がありますね。笑

目のまわりの赤色がオシャレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

これから外出もできるようになるので、無理のない範囲で少しずつまた鳥活をしていきたいなぁと思っています♪

 

よかったらまたぜひブログを覗きに来てください^^

見に来て下さってありがとうございました!

帰ってきたくうちゃん ~セキセイインコ退院~

こんにちは。ぽすちです。

 

先日は私のペットのセキセイインコ・くうちゃんの入院についての記事を書きましたが、励ましのお言葉等頂き、本当にうれしかったです!

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

さて、その後ですが、くうちゃん退院しました。

 

土曜日に迎えに行くはずだったのですが、

金曜日に病院から電話がかかってきてしまいました。

 

 

 

 

先生から言われたのは以下のこと。

 

・木曜日から自分でご飯を食べなくなってしまった

・糞の様子も悪い

・体重も31gくらいまで落ちてしまった ※もとは40gあった。入院時は34gくらい

・流動食も吐いてしまう(吐き気止めを変えてみたが効かないみたい)

・土曜日に来院するとは聞いていたが、ここまでの胃炎だと急に悪化したりするので1度今日来れないか?

 

とのこと。

 

 

 

病院までは電車で乗り換え2回の1時間ちょっとほど。

夫が仕事のため、臨月に1人で距離のある移動となり正直不安だったのですが、

明日行くと伝えてある上でわざわざ今日電話をくれたということは、かなり危険な状態なんだなということがわかりました。

 

 

行かないと後悔しそうという思いが勝り、お腹に「もうちょっと待っててね!今日は違うよ!」と話しかけて(笑)お迎えに行きました。

 

 

 

 

 

特にトラブルなく無事に病院にたどり着いたのですが、平日にも関わらず激混み…!

 

結局9時半ごろに出発して、くうちゃんに会えたのは12時過ぎになってしまいました。

 

 

 

 

 

久しぶりに会えたくうちゃんは一言で表すと、弱っていました。

だいぶ吐いたみたいで顔はベタベタで、羽を膨らませ、目は開けられないのかずっと瞑っていました。

 

 

先生によると、マクロラブダスは注射の効果で陰性になったそうですが、後遺症で慢性の胃炎になっており、ご飯が食べられない状況とのこと。

 

 

人間の胃炎は命に関わることは少ないと思いますが、消化・吸収の早い鳥類にとっての胃炎は命を揺るがす病気です。

栄養を無理やりにでもとらせないとすぐに弱ってしまうため、そのうと呼ばれる人間の胃のような場所に強制給餌(チューブで直接流動食を流し込む)をするのですが、くうちゃんはそれも吐いてしまうらしいです。

 

 

 

でもとても良く看てくださっており、

粟穂が好きみたいでちょっと食べたのでいれてあります」や

燕麦をちょっとつまみました。日によって食べたいものが違いそうなので、お家で看病するときも色々入っているミックスシードを入れてあげてみてください」など

よくくうちゃんを見て工夫して下さいました。

 

 

ただ、昨日今日で危険な状況が続き改善しないので、電話させてもらったと。

死に目に会えないかも、という不安があったので連絡を頂けたこと、ありがたく思いました。

 

 

このまま治療を続けるかどうか選んでほしいとのことだったので、もう連れて帰ることにしました。

 

 

くうちゃんはよく頑張ったと思います。

一緒に家に帰れるということで、不思議と悲壮感よりも「やっと会えた」という安堵感の方が強かったです。

 

 

持ち運び用のキャリーの中でも寒そうにくちばしを背中にしまって寝ていました。

 

電車の中では、

よく実家に連れて行くときにこのキャリー使って移動してたなぁ。

大きなカバンに入れて真っ暗にしてあるのに「くうちゃん。セキセイインコ。」と喋りだして周りの人の不思議そうな視線が痛かったなぁ。

とか、色々思い出してなんだか悲しいのではなく、戻ってきてくれた小さな命を思い穏やかな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

家に着き、「ただいま。」と私が一言言うと、

くうちゃんは初めて「ピ」と鳴きました。

 

 

キャリーを開けるとすぐに出てきて、真っ先に私の指に乗りました。

顔は吐きあとでベタベタで、前よりも軽くなってしまい、羽の密度も薄くなってしまって。

目も開けられず、ボワボワに膨らんでいるのに私の指をしっかり掴んでこちらにしっかりと向き合う姿を見て

「よく頑張ったね。これからはお家でゆっくりしようね。辛い思いさせちゃってごめんね。」と、涙が出てきてしまいました。

 

 

 

 

 

鳥は体温が40度ありますので、具合が悪いときはその温度まで体温を上げようと体力を使ってしまうことを避けるため、病気になったら保温をしてあげます。

 

病院では30度程度を保っていたそうなので、家でも保温しやすいように幼鳥の頃に使っていたプラケースを用意していたのですが、

なんとくうちゃんはここに来て火事場の馬鹿力とでも言うのか、何度プラケースに入れても羽ばたいて出てきてしまいます。

 

いつものお家がいいのかなと思い、普段使用していたケージの中に60wと40wの保温球を2つ入れ、ビニールで温室状態にしていつものケージに戻してあげました。

 

 

f:id:posuchi:20210222135220j:plain

 

 

 

 

安心したのか、ずっとこんな感じで寝ています。

f:id:posuchi:20210222135239j:plain

 

 

 

昼間も夜も寝ていますが、昼夜の差はわかるように、昼は暗くしなくて良いとのことだったので、カバーは夜だけすることにしました。

 

 

 

 

その日は夫も早く帰ってきてくれ、くうちゃんを労っていました。

くうちゃんが大好きなみかんと小松菜も買ってきてくれました。

 

2人で話し合った結果、もうゆっくりさせてあげよう。

好きなもの食べさせてあげて、やりたいことやらせてあげて、自分達はいつもの感じで穏やかに見送ろうということになりました。

人間で言うターミナルケアというやつですね。

 

 

心の覚悟が決まったので、

夕飯を食べながら、初めて飛んだ時や、こんなおしゃべりしてたよね、これが好きだったよね、など思い出話をして久しぶりに気持ち2人して穏やかな時間を過ごしました。

 

 

くうちゃんはもともと独身時代に私が飼っていたペットでしたが、飼うことを決めた日に当時は彼氏だった現・夫がついてきてくれ、一緒に準備してくれました。

くうちゃんが初めて人間の手に乗ったのは私ではなく夫の手でした。笑

 

 

基本のお世話はずっと私がしていましたが、

変な言葉を教えたり、私がいないときに遊んでくれたり、

夫なりにくうちゃんとの仲を深めていたようで、今回私よりもたくさんインコの闘病ブログなどを読んで研究してくれたり、神社で病気平癒のお守りを買ってきてくれたり、夫の思いやりを改めて感じました。

くうちゃんのお陰で夫の優しさを再認識できました。とても頼りになるパートナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、カバーをあけるのが怖かったですが、くうちゃんは無事でした。

 

大好きなみかんを見ると、元気だった頃のように反応を示し、少しだけ与えたら美味しそうに食べました。

 

 

日中は餌を変えようとしたらするりとケージを抜け出し、私と夫の肩に乗ったあとに、私の腕の上で寝てしまいました。

f:id:posuchi:20210222135257j:plain

本当だったらこんな膨羽状態で、背眠しているのはよくないので、すぐにでも暖かいところに入れるべきなんですが、昨日話し合ったことを思い出し

「やりたいことをやらせてあげよう」と、しばらくそのままにしていました。

 

 

もしかしたらこれが最後だからくっつきたいのかな?なんて話したりして、写真も沢山とりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨日。

不思議なことが起こったのです。

 

 

 

 

また朝ドキドキしながらカバーをあけると

くうちゃんが「ピ」と鳴きました。

 

よかった…生きてる…!

と思いながら餌の用意をしようとケージをあけたところ、またするりと抜け出し、

なんと餌が入っている袋の中につっこんできました

 

 

f:id:posuchi:20210222135358j:plain

 

え?こんな元気あったの…!?

と困惑していたら、足で中の餌を蹴飛ばします。

 

 

 

f:id:posuchi:20210222135347j:plain

お陰で床が大惨事に……!

 

 

 

何してるのかと覗くと

f:id:posuchi:20210222135407j:plain

た……食べてる………!!!

 

 

嘘でしょ!?と困惑半分、嬉しさ半分で、

「やりたいことをやらせてあげよう」精神で、しばらくそのまま、欲望のままに行動させてあげました。笑

 

 

 

 

 

実際は、食べてるような殻だけ剥いているような微妙な感じでしたが、

その「生きよう」という思いに感動すら覚えました。

 

 

病院では全然食べなくなったって言っていたのに。

住みなれた家でストレスがなくなって食欲が出た…?

病院の治療の効果が今出てきた…?

それとも鳥類特有の元気なフリ…?

 

 

色々疑問は残りましたが、病院でみたくうちゃんより、家に帰って来た時のくうちゃんより、昨日のくうちゃんより少し回復しているように見えました。

 

 

 

 

ちょっとでも食べてくれたら回復するかも!と、

くうちゃんが剥いた殻がなんの穀物なのか30種も入っているミックスシードの中を調べてみると、どうやら赤粟のようでした。

 

病院でも粟穂は食べたと言っていたし、粟なら食べられるのかもしれないと、近くのペットショップへ行き赤粟だけのものを買ってきて、メインの餌とは別の器に入れて、栄養を取って欲しいためペレットを粉状にしてふりかけてみました。

 

結果、それはそんなに食べませんでしたが、メインの餌(くうちゃんが袋の中まで入ってきたミックスシード)のなかで赤粟を探しているのか、くちばしでザッザッと餌を探るようになりました。

 

 

 

弱っている鳥は食べたフリをするので、一喜一憂してはいけませんが、昨日はやはり少し食べられたみたいで、糞も出ました。

 

 

今朝も餌を食べてくれました!

f:id:posuchi:20210222135416j:plain

 

 

 

顔はまだダルそうです。ほとんど寝て過ごしています。

f:id:posuchi:20210222135425j:plain

 

 

 

食べている量はほんのわずかで、体重もそこまで戻りませんが、

このまま回復してくれないか飼い主としては奇跡を祈るばかりです。

 

 

あとどのくらい一緒にいられるかわかりませんが、今一緒にいられることに感謝して、時間を大切にしたいと思います。

 

 

ちなみに私は今日の夜中、破水したかと思って病院に行ったらただのおしるしだったみたいで陣痛も来ないので朝方に帰宅させられました。笑

お腹の子もこんなバタバタのなか、空気を読んでよく頑張ってくれたと思います!

待たせてごめんね!もういつでも出てきていいよ!と話しかけてみました。笑

 

 

 

こんな生と死の間際を同時期に経験するとは思いませんでしたし、

どちらもまだいつ何が起こるか予測できませんが、目の前のことに集中して頑張りたいと思います。

 

 

 

今はただ、戻ってきてくれたくうちゃんの頑張りに感謝です。

ペットの入院と飼い主のエゴ ~マクロラブダスの恐ろしさ~

こんにちは。ぽすちです。

いつもは野鳥の写真を主にあげていますが、今日は私の飼っているセキセイインコについて書きたいと思います。

 

 

というのも、実は今、うちのセキセイインコのくうちゃんが入院しています。

 

1月下旬から体調不調となったり、良くなったりを繰り返していたのですが、先週末あたりからかなり具合の悪い状態に戻ってしまい、病院に連れて行き、迷いに迷って入院の選択を取りました。

 

f:id:posuchi:20210216101230j:plain

夏ごろのくうちゃん。この頃はとっても元気でした。

 

 

 

 

体調不良の原因となっているのは、鳥飼いさん達なら誰もが1度は聞いたことのある

マクロラブダス症(メガバクテリアです。

 

 

今回、マクロラブダスの恐ろしさを身にしみて感じていますので、

もし初めて鳥を飼う方や、これから鳥を飼いたいと思っている方、健康診断に行ったことのない方がこのブログを見ていたらぜひ参考にして頂けたらと思います。

 

 

 

 

*マクロラブダスとは?*

 

鳥の胃の粘膜に住み着くカビの一種だそうです。

健康な時は免疫が抑えていて症状が全く出ませんが、何らかの理由(換羽、ストレス、老化等)で免疫が低下すると途端に症状が出てきます。

 

主な症状としては、

・嘔吐

・下痢

・未消化便

・食欲消失  … 等

 

重篤な場合は死に至る病気です。

体が小さく、消化吸収が早い鳥にとって、このような胃の病気はあっという間に体力を削り命をも奪われてしまうのです。。。

 

 

感染源としては、雛のときに親鳥からエサを貰ったときや、一緒に暮らす仲間の鳥からもらってしまうことがほとんどだそうです。

 

 

 

 

 

*前提として*

うちのくうちゃんは5年半ほど前にペットショップで購入しました。

生後2カ月で、手乗りではなかったため、確か価格は2500円とかそのくらい。

(余談ですが手乗りだと6000円くらいしたような気がします。)

 

確か、購入する際にペットショップ側で検査を実施し、

感染症や体の異常はありません。健康な鳥です。というお墨付きを貰いました。

 

 

 

この言葉を信じてしまい、若鳥の頃に検査に行かなかったことが私の最大の失敗です。

 

くうちゃんはその後、ずっと家で過ごしており、他の鳥との接触はなかったため、飼い始めたときには既にマクロラブダスを保有していたものと思われます。

 

 

f:id:posuchi:20210216101243j:plain

挿し餌からではありませんでしたが、ちゃんと手乗りになりました。

 

 

f:id:posuchi:20210216101325j:plain

一緒に遊ぶことが大好きです。

 

 

 

 

くうちゃんはすくすくと成長し、5歳半の最近まで体調不良は1度もなく

よく食べ

よく遊び

そしてよくおしゃべりをする子でした。

 

実家に連れて帰ったときは、あまりにもずっとおしゃべりをしているので、親に『この子は自分の鳴き声が何かわからなくなっちゃてるんじゃないの?』と言われたほどです。笑

 

 

そんなくうちゃんですが、今年の1月に初めて体調不良に陥り、そして短期間で急激に悪化していきました。

 

 

 

 

 

 

*発症*

 

ある日、気づいたら羽を膨らませ、くちばしを背中にしまって寝ていました。

この時点で「あれ?」という気はしていましたが、ケージ内の温度を25℃程度に上げ、暖房をつけっぱなしで一晩様子を見ました。

 

翌日、いつも通り鳴いたり餌は食べてはいましたが、日中に突然嘔吐したのです。

 

 

発情したときの嘔吐とは明らかに違い、首を振りながら四方に餌をまき散らかし、苦しそうにえずいていました。

もうこれは決定的におかしいと感じ、病院に連れていくことにしました。

 

 

住んでいる場所の隣の市に鳥専門の病院があったので、電話してみると『予約1カ月待ちです。』とのこと…。

2年前にこの街に引っ越してきて、近くに専門の病院があるから安心!と思っていたのですが、私の下調べ不足でそこは予約のみの受付(しかもコロナの時期なので余計にかもしれませんが…)。

これもまた飼い主の失敗です…。

 

結局当日駆け込みで鳥を見てくれる病院を探し、車で30分ほどかかる病院へ夫に連れて行ってもらいました。

 

 

診断の結果、マクロラブダス症とのこと。

 

マクロラブダスは糞便から検出されるので、連れていくときにキャリーの下にキッチンペーパーを敷いて行くと、道すがら出した糞で検査をしてもらえます。

 

 

 

ひとまず自宅で飲水に薬を溶かし、飲ませる治療をするとのことで、

・抗真菌薬

・肝臓の薬

・ビタミン剤

の3種を処方してもらいました。

 

原因がわかり、ひとまず安心。

これできっと良くなると思い帰路に着きました。

 

 

ちなみにこの日はそのう液の検査、糞便検査、羽や足の以上がないか、心音は正常か等、初診で色々な検査をしてもらい、薬代含めて6000円くらいしました。

 

このとき、体重は39gで通常なので体重の減り的には問題ないとのこと。

 

 

 

 

*経過①*

 

くうちゃんは頑張って薬を飲んでいました。

とは言ってもセキセイはもとから乾燥地帯にいる鳥なので、ガブガブは飲みませんでしたが、朝昼晩と4~5口ずつは飲んでいました。

 

飲水として置いておくと飲まないのですが、人間が飲んでると真似して飲みたくなるらしいので、

人間用のコップで飲んだふりをしてくうちゃんにも飲んでもらいました。笑

 

 

1週間後、再診でどのくらいマクロラブダスが減ったか見てもらいました。

が、菌自体は減ってはいるが、まだ消滅していないとのこと。

再度1週間飲水に薬を溶かし飲んでもらう治療をすることになりました。

 

 

体重は40gありました。

段々元気を取り戻してきたように見えました。

検査費用は1600円ほど。

 

 

 

 

*経過②*

 

更に1週間後に見てもらったところ、まだマクロラブダスが検出されるのこと…。

 

ここがマクロラブダスの恐ろしいところで、若鳥の頃に見つかり早期治療ができるとすぐに治ることが多いのですが、くうちゃんのように中年で発見されると慢性化してしまい、薬がなかなか効きづらくなってしまうそうです。

 

 

 

こうなると飲水治療では難しいと先生が判断し、次は直接投与にしようかというお話だったのですが…

なんというタイミングか、私自信が妊娠しており、しかもちょうど臨月に入ってしまい、もしかしたら途中で来られなくなってしまう可能性があるという事態に…。

 

先生にその旨をお話したところ、では注射+飲水治療にしましょうと提案して下さいました。

注射は週に1回、計4回必要だそうですが、飲水治療も合わせることでもしかしたら早めに良い結果がでるかもというお話でした。

 

 

 

注射の時、くうちゃんはこれまで聞いたことのない叫び声をあげていました。

あの声を思い出すだけで未だに辛い思いをさせてごめんねという気持ちになります。

 

 

 検査費用+追加の薬代で2000円ほど。

 

 

 

*経過③*

 

注射を打った日はたくさん叫んで疲れたのかぐったりしていましたが、

翌日からは見違えるほど元気になったように見えました。

 

 

土曜日に打ってもらい日に日に順調に回復しているように見えました。

水曜日までは。

 

 

 

 

 

 

木曜日の朝、いつも通りおやすみカバーをめくると、そこには嘔吐したあとがありました。

本当に突然すぎて驚きました。

前日までは元気いっぱいで、ケージ内安静が不満そうに1日中ずーっとおしゃべりをしていました。

温度も28度程度を保ち、環境も何一つ変えていなかったのに、朝見たくうちゃんは羽を膨らませ、目をつぶってとても静かな様子でした。

 

 

そしてその日は運悪く病院がお休みだったこともあり、今できることをしようとケージ内の温度を30度以上にあげ、膨羽がおさまるように様子を見ました。

 

 

くうちゃんはくちばしをしまい、羽を膨らませ、1日中寝ていました。

たまに起きてきて餌を食べ始めます。食べた後は首を振って吐いたり、えずいたり…。

 

藁にもすがる思いで貰っていた薬を飲ませますが、指にのせると足が異常に冷たいのです。

そしていつもより軽い感じがしました。

 

 

翌日、病院に連れていくと、なんとまたマクロラブダスが増えているとのこと。。。

注射も薬もやっていたのになんで…。

そして体重が先週まで40gあった体重が34gしかなくなっていました。

 

 

 

2~3時間に1回餌をついばんでいたのですが、全部食べているフリだったみたいです。

食べられないのに殻をむいてみたり、食べたフリをするのは病気の鳥がよく取る行動だそうです。

 

鳥は捕食される側なので、ギリギリまで弱っているところをみせないという習性にプラスし、セキセイインコは集団行動を取る生き物なので、仲間にも弱っているところを見られると感染症を移される!と思われて距離を置かれてしまうそうです。

 

 

その結果、くうちゃんは私にも「元気だよ!ご飯も食べているよ!」と病気で辛いなかアピールしていたと思うと、気づくのが遅いバカな飼い主で本当に申し訳なくなってしまいます。

 

 

 

 

 結局、この異常な体重の減り方はかなり危険ということと、

週に1回の注射では効果が見られないので3~4日に1回の注射に移行したいということで、先生が入院での治療を提案してくれました。

 

 

入院のメリットとしては、

今餌を食べられていないこの状況なので、流動食で栄養を与えられること。

集中的に治療ができ、回復する可能性があること。

 

 

デメリットとしては、

回復しなかった場合、死に目に会えない可能性があること。

費用が高額なこと。(1日7000円程度×とりあえず1週間)

 

 

 

正直、とても迷いました。

費用とかはもう二の次でした。1番私を迷わせたのは、「死に目に会えないかもしれない」というところです。

 

5歳でここから回復するのか?

もし1匹で寂しく慣れない病院で亡くなってしまったら?

痛い思いを長引かせるだけにならないか? など…。

 

 

ただ、その時頭に浮かんだのが、あの食べられないのに食べたフリをし続けていた様子でした。

敵に狙われないため、仲間に置いて行かれないために死ぬ直前まで元気なフリをするのです。

 

死ぬまで生きたいんだなと感じました。

それなら、その生命力に賭けて治療をしてもらった方が良いのではないかと。

 

 

 

 

私は小学生の時から社会人になるまで実家でポメラニアンを飼っていました。

そのポメは、家族以外の人も犬も大嫌い。

病院など他の犬や人に会う場所に出かけると翌日はぐったりするほど吠え続けるような犬でした。

年齢が14歳になったときに変な咳が出るようになりましたが、家族で話し、ストレスがかかる環境に連れだすのではなく、大好きな家で家族とゆっくり過ごそうということに決めました。

 

結局、そのまま病院にはかからず、最期は自宅で家族全員に見守られながら天国に旅立ちました。

 

 

その判断は正しかったと今でも思います。

ただ、もう少し長生きできたら私の夫にも合わせることができたな。きっと呼吸困難になるくらいめちゃくちゃ吠えるんだろうな。体の毛ももっと白っぽくなって、日中はずっと寝ているような生活を送るんだろうな。

と、少しおじいちゃん犬になった姿を想像してしまうこともあります。

 

 

 

 

くうちゃんはまだどうなるかわかりません。

土曜日に預けて、昨日面会に行ってきました。

 

容体は変わらず、流動食も吐いてしまうそうです。

f:id:posuchi:20210216101309p:plain

まだ膨羽状態です。名前を呼ぶと一瞬だけこちらを見て、また目をつぶってしまいました。

 

 

 

 

 

 

入院前、今年の夏の写真です。

f:id:posuchi:20210216101252j:plain

たまにほっぺたカキカキさせてくれます。

 

 

f:id:posuchi:20210216101300j:plain

でもすぐに「やめろ!」と指を噛んできます。笑

 

 

 

 

こんなに手の上が大好きだったのに、先生が私と話すときに手を広げて説明してくれる動きを見て何度も『ビクッ!』としていました。

 

きっと注射や吐き気止めの点滴、更には流動食のための強制給餌などですごく辛い思いをしているんだと思います。

その様子を見て、本当に入院がよかったのかわからなくなりました。

 

 

私のこの判断が正しいか間違っているか、結局はペットの声は聞けないので、どちらを選んでも飼い主のエゴになってしまうと思います。

 

 

 

 今は回復を願い、ただくうちゃんの生命力を信じるだけです。

 

 

 

 

 

前述の通り、なんというタイミングか私の出産も迫っています。

1人での遠出は控えるように言われており、夫が休みになる次の土曜日まで会いに行けません…。

 

今回の入院の様子を見て、土曜日までに回復が見込めないようなら自宅に引き取ろうかと考えています。

 

その場合、看取りということになりますが、もし私のお産が始まり、私がいないときに万が一のことがあった場合、最悪の事態を想定して夫にこのように弔ってほしいということを共有しておきました。

 

 

1番の願いはこの1週間で回復し、自宅で私の赤ちゃんと一緒に春を迎えることです。

頑張れくうちゃん。

 

 

病院から容体が急変したという電話が来ないか毎日ビクビクしています。

 

 

マクロラブダスは元気なときは菌が検出されないこともあるそうです。

元気なときも、そうでないときも定期的にかかりつけ医に診てもらうことが大切だと痛感しました。

飼い主の怠慢のせいでこんなに辛い思いをさせてしまい、くうちゃんには本当に可哀想なことをしてしまいました。鳥飼い失格です。

 

 

もし今、若鳥を飼っていて病院に行ったことがない方は、若鳥のうちに1度マクロラブダスがいないか調べてもらうことをお勧めします。

普段はうるさいくらいに喋っているムードメーカーが弱っていく姿を見るのはとても辛いです。

 

慢性化する前なら早期治療で予後も良好です。

数年先の鳥ちゃんのために、今からぜひ検査をしてみてください!

ゲラ三銃士とちっちゃいものクラブ

こんにちは。ぽすちです。

今年は2月2日が節分だったんですね。

あれ?節分て毎年日にち変わるんだっけ?と思っていたら、なんと2月2日が節分になるのは124年ぶりとのことでビックリです。

 

節分と言えば豆まき、恵方巻きなどなど。

小さい頃は生魚が苦手で、お寿司なんて大嫌いだったので、恵方巻きはほとんど食べた記憶がありませんでした。

 

大人になった今、お酒を飲むようになったからか生魚が大好きになり、もちろん刺身やお寿司も大好物に…!

いやー味覚って変わるものですね。

 

今は妊娠中なので食べられていませんが、諸々落ち着いたら日本酒と一緒に美味しいお刺身を食べたいものです♪

 

 

 

**********************************

 

今日は、1月中に『ゲラ』こと、キツツキの仲間達三種に出会えたので、その写真をあげていきたいと思います♪

ゲラ三銃士です。

 

 

 

 

まずは、半年以上ぶりに出会えたこの子!

f:id:posuchi:20210204141632j:plain

アオゲラちゃんです。

動きが素早くて、撮る写真撮る写真ほぼブレてしまいましたw

 

 

 

f:id:posuchi:20210204141623j:plain

てくてく。

 

 

f:id:posuchi:20210204141614j:plain

後頭部が赤くておしゃれモヒカンのようです。

 

 

 

アオゲラはバードウォッチングを始めて1カ月かそこらで、本当に偶然見ることができ、

それ以来足しげく同じ公園に足を運んでいたのですが、その後はまっっっっったく見ることができず…。

 

これがビギナーズラックというものかと半ば諦めていたのですが、先日何の気なしにその公園に立ち寄ると、見始め開始10秒で見つけることができました。

 

 

本当この現象なんていうんですかね?笑

見たい見たいと気合いを入れていると全く見えず、どうせ見えないでしょーと諦めているときこそ見える現象。

 

アオゲラ現象とでも名付けようかしら。笑

 

 

なにはともあれ、バードウォッチングにハマらせてくれた恩鳥の一種をまた見ることができてよかったです。

あそこに住んでいることを確信したので、また折を見て見に行ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

青ときたら、次は赤です。

f:id:posuchi:20210204141647j:plain

アカゲラちゃん。ちょっと遠かった…!

 

 

f:id:posuchi:20210204141655j:plain

アカゲラもせわしなく動き回っていました。

 

 

 

私はゲラ達を見るのが大好きで、公園や森の中で静かにしていると

どこからかコツコツコツ…と木をつつく音がしたら、その主を探さないと気が済みません。笑

 

他の鳥達とは少し違って、こちらをそんなに気に掛けず、一生懸命・一心不乱に木をつついている姿を見ると、応援したくなります。

可愛いですよねーゲラ。

 

 

 

 

 

ゲラ三銃士の最後の一員は、一番身近なコゲラ

f:id:posuchi:20210204141708j:plain

f:id:posuchi:20210204141731j:plain

シルエットがうちのセキセイちゃんに似てる感じがして大好きです。

 

 

f:id:posuchi:20210204141717j:plain

冬だからか?口のまわりがモコモコです。

 

鳥の羽って、触ると思った以上にふわふわモコモコで肌触りが最高です。

たまにうちのインコに顔をうずめて至福の時を味わうのですが、すぐに怒りだして、下手すると顔をガブっと噛まれるので命がけです。笑

 

 

 

 

 

 

 

コゲラと一緒にいる小さいメンバー達を、私は勝手に「ちっちゃいものクラブ」と呼んでいます。

夫は、すゑひろがりずが好きなのでその影響からか、最近「小さきものの集い」と言い始めました。笑

 

 

そんなちっちゃいものクラブですが、先日コゲラのように木の幹にしがみついているメンバーがいました。

f:id:posuchi:20210204141806j:plain

シジュウカラ

 

 

 

f:id:posuchi:20210204141847j:plain

メジロも。

 

 

 

木の幹から幹へ飛んで行ったので、コゲラかな?と思って見たら違いました。

体が軽いから幹にもしがみつけるんですね!

 

 

 

特にメジロは結構アクロバティックな動きをしていて、

f:id:posuchi:20210204141858j:plain

横向きも得意です。

 

f:id:posuchi:20210204141944j:plain

裏返しにもなります。

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20210204141910j:plain

木のコブ!?と思ったら…

 

f:id:posuchi:20210204141926j:plain

樹液を吸いに来たメジロだったということも。笑

甘いもの大好き鳥ですね。

 

 

 

 

メジロシジュウカラは色味があるからか、手持ちのコンデジでピントが比較的合いやすいのですが、

素早い上に色が白いからかなかなかピントが合わないのはこの子です。

f:id:posuchi:20210204142001j:plain

エナガ

 

 

これは結構頑張ってやっとピントが合いました。

f:id:posuchi:20210204142009j:plain

f:id:posuchi:20210204142021j:plain

コンデジ泣かせの鳥め…!でも可愛い…!笑

 

 

 

 

あとはヤマガラも素早くて追い切れないことが多いです。

f:id:posuchi:20210204142038j:plain

なんか持ってる。

 

でもヤマガラはじっとしていると、なぜか結構近くまで出て来てくれるので、焦らずじっくりタイミングはかることが大切だと気づきました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20210204142102j:plain

よく見るとオールバックの髪型みたい。笑

 

 

 

f:id:posuchi:20210204142122j:plain

えりあしもなんか人間味があるような…。笑

 

 

 

 

以上、ちっちゃいものクラブのみんなでした。

 

 

身近な公園にもよくいる鳥達ですが、じっくり観察してみると、仲良いんだか悪いんだかよくわからずおもしろいです。

 

この間はメジロコゲラが追い出されていました。

メジロって小さいので1番弱いのかと思っていましたが、コゲラには強気なんですね。

意外と気が強いのかな?

 

 

 

 

 

 

春先の桜との共演も楽しみです^^

地面ガサガサ部隊

こんにちは。ぽすちです。

 

先週末、うちのセキセイインコちゃんがまた体調を崩したので、今度は病院に連れて行きました。

先生の指示通り、薬を与えて、常時高めの保温(25~30度)をしたところ、4日目の今日にはすっかり元気になったように見えます。

 

放鳥は1週間禁止とのことだったので、指示に従っているのですが

元気になった本鳥はなぜいつも通り遊んでくれないのかわからず、ストレスが溜まり?凶暴化しつつあります。笑

 

でも人を噛めるほど元気になってよかった…。

毎日一緒にいると、いつまでも最初にお迎えした時のように若く見えますが、もう5歳なので、気温差には今まで以上に気をつけてあげなくてはと反省させられた冬でした。

 

 

 

 

**************************

 

今日は、歩いているとよく聞く地面の“ガサガサ…”という音の主達をあげていきたいと思います。

 

 

 

 

まず、最近やっと写真に収められるようになったこの子、アオジです!

オスはちょっとだけ人(鳥?)相が悪く、

f:id:posuchi:20210127104101j:plain

f:id:posuchi:20210127104044j:plain

目のまわりが黒いです。

ちょっと堅気の者じゃない雰囲気を醸し出していますね。

 

 

 

 

アオジなのに、私には黄色っぽく見える…

と最初は自分の色彩感覚を疑ったのですが、昔は緑色も青と呼んでいたため、アオジになったとか。

 

あれ?黄色は…?笑

 

 

 

 

アオジは地面を“ガサガサ”と小さめの音を立てながら「ジ…ジ…」と鳴いています。

最初は音に近付いても逃げなかったので、虫かと思っていました。

 

根気強くしばらく待っていると、たまにひょっこり正体を現してくれるとわかったので、うまく写真におさめられるタイミングがわかったのが最近なんです!

 

上の写真の子なんかは警戒心が薄かったのか、動かないでじっとしていたら足もとまで出てきてくれました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アオジに似ているこの子も地面ガサガサ部隊の一員でした。

ちょっと落ち葉と同化しているけど…

f:id:posuchi:20210127104112j:plain

f:id:posuchi:20210127104121j:plain

カシラダカさんです。

確かに頭がの毛が長くモヒカンのようです。

集団でいて、一斉に地面降りてガサガサとエサを探していました。

 

 

様子を観察していると、この頭の毛はいつもこの長さではなく、たまにペタっとなるときもあり、本当にカシラダカなのか何回か疑ってしまいました。笑

興奮すると頭の毛を立てるそうです。←確かにオウムとかもそうですよね!

 

 

 

 

 

 

アオジカシラダカも同じホオジロ科の仲間です。

ホオジロはこんな感じです。

f:id:posuchi:20210127104131j:plain

 

 

なんかみんな似ていてちょっと見分けが難しい…!

 

 

↓ちなみにこの子達は誰なのかわかりません。笑

f:id:posuchi:20210127104034j:plain

f:id:posuchi:20210127104052j:plain

アオジのメスなのか。それにしては黄色っぽさがないような…。

カシラダカかな…?でもカシラがそんなに高くないような…。

 

うーん…。

光の反射などでも鳥の色って違って見えるので、まだまだ鳥の同定が難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、最近ヒヨドリと同じくらいよく見かけるガサガサ部隊の一員と言えば、

f:id:posuchi:20210127104140j:plain

ツグミ

 

本当よく見かけるようになりました。

 

地面でガサガサしているときもあれば、空を飛びまわっているときもあり、

中くらいの鳥だ!と思って双眼鏡を覗くとだいたいツグミヒヨドリです。

 

ツグミをよく見かけるようになると冬だなーと感じます。

 

 

 

 

 

 

あとは、夫がよく遭遇するこの子。

f:id:posuchi:20210127104150j:plain

キジです。

 

 

f:id:posuchi:20210127104159j:plain

色と柄がすごい。

芸術性は満点ですね!

 

私は全然キジと遭遇せず、唯一見たことがあるのは茶色いメスだけだったのですが、なぜか夫は散歩に行くとよく出会うようです。

 

 

こんな綺麗な柄と色の鳥をいつかじっくり見てみたいなぁ、と思っているのですが、未だに遭遇せずです。

しかし、夫と言えば、実家の畑にもたまに出没しており、別に珍しくないと言っていて驚きです。

キジと惹き合っているのでしょうか。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最近1番よく出会うガサガサ部隊の一員と言えば間違いなくこの子!

f:id:posuchi:20210127104211j:plain

シロハラちゃんです。

 

 

 

 

結構近寄っても逃げなかった。

f:id:posuchi:20210127104223j:plain

「私、シロハラじゃありませんけど?」顔をして固まっていました。

ビックリさせてごめんよー。

 

 

 

 

シロハラは、前述のアオジカシラダカとは少し違い、

ガサガサ音が大きめな感じがしました。

人が落ち葉を取って投げるくらいの音で「ガサ…」「ガサ…」と、音と音の間に少しスパンがあります。

 

 

f:id:posuchi:20210127104235j:plain

日陰などの暗い場所にいるイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

先日またガサガサ音が聞こえたので、藪の下を観察してみたところ

f:id:posuchi:20210127104249j:plain

これは…

 

 

f:id:posuchi:20210127104258j:plain

顔がシロハラと同じだけど、お腹が赤っぽいアカハラちゃんもいました。

ただ、こちらを経過して全然暗がりから出てきてくれず、↑この写真で精いっぱいでした。

 

 

 

 

 

今の時期は木の上はもちろんのこと、地面をガサガサしている鳥達も多く、足元も油断できません。笑

やっぱり冬は1番のバードウォッチングシーズンなんですね♪

他にも今季でどんな鳥と出会えるのか楽しみです^^

鳥の正面顔がおもしろい

こんにちは。ぽすちです。

 

先週あたりから急にグッと寒くなりましたね。

関東でも今日は雪が降るとかなんとか。

 

 

うちのセキセイちゃんも先日体調を崩してしまい、羽を膨らませてくちばしを背中にしまって1日中寝ているときがありました。

 

様子が変だと気づきましたが、休日だったこともあり、動物病院もやっておらず…。

1軒、営業中だった病院は予約いっぱいで次に空くのは1月末だと言われてしまい…。

 

 

半泣きになりながらいつもより高い温度で保温をし、一晩中暖房をつけた部屋に寝かせておいたところ、翌日には何もなかったかのように元気になってくれましたTT

 

小鳥は自然界だと捕食される側なので、具合が悪い様子をギリギリまで隠しておく習性があります。気づいたときには手遅れなんてことも往々にしてあるようで、早めに気づいてあげられなくて本当に後悔でいっぱいでした。

 

 

朝起きたとき、私の足音を聞いて呼び鳴きをしてくれたのですが、あれほど呼び鳴きが嬉しかったことはありません。

 

しばらく様子を見ていましたが、最近はすっかりいつもの様子に復活しました。

急に寒くなったので、皆様の愛鳥ちゃんもどうぞお気をつけください!

 

 

********************************

 

今日は、昨年末に撮り溜めてあった鳥たちを放出したいと思います。

 

 

 

川にいたハシビロガモ

f:id:posuchi:20210112143130j:plain

この子はまだ顔の色が変わっていなかったのですが、近くの池にいた子は…

 

 

 

f:id:posuchi:20210112143140j:plain

すっかり冬カラーに変わっていました!

 

最初は上の写真の子はメスなのかと思いましたが、ハシビロガモはメスとオスで目の色が違う見たいです。

光彩が黄色いのがオス。褐色なのがメスだそうです。

 

 

ということで、2羽ともオスでした。

この写真を撮ったのは12月上旬だったのですが、個体によってはまだ冬カラーになっていないカモもいるんですね。

 

 

 

 

近くにはコガモカップルも泳いでいました。

f:id:posuchi:20210112143150j:plain

メスが落ち葉と同化している。笑

 

 

 

私がバードウォッチングを始めた3月頃には、カモのなかだとコガモが1番いたような記憶があるのですが、意外と今の時期だとそうでもない感じがします。

 

 

最近どの場所にでも必ず見かけるのは、私の行っている範囲内だとヒドリガモ↓です。

f:id:posuchi:20210112143424j:plain

f:id:posuchi:20210112143437j:plain

去年のヒドリちゃんは帰る時期が早かったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風にカモ達が思い思いのんびりと過ごす中、上空で突如始まった戦い。

ギャーギャー騒いでいるので何事かと思ったら、サギ同士で空中戦を繰り広げていました。

 

縄張りがあるのか、エサを探していたコサギダイサギチュウサギ?)が追い払い、落ち着いたかと思えば今度はなぜか別のダイサギ同士の戦いが始まりました。

 

f:id:posuchi:20210112143211j:plain

旋回するダイサギチュウサギ?)。

 

 

 

正面顔がちょっとおもしろい。

f:id:posuchi:20210112143223p:plain

アンタ、こんな顔してたっけ!?

 

 

 

 

両者一歩も譲らず、ギャーギャー叫びながら2羽で旋回していました。

f:id:posuchi:20210112143237j:plain

 

 

正面顔ふたたび。

f:id:posuchi:20210112143300p:plain

プテラノドンのようだ笑

 

 

 

 

 

そこへ、なぜか突然やってきて便乗するアオサギ

f:id:posuchi:20210112143344j:plain

 

 

 

 

最終的にそれぞれ別の枝に降りることで決着がついたようで、みんな「やれやれ」みたいな顔をしていました。

 

 

 

バトルを繰り広げて熱くなってしまったのか、口をあけていたアオサギ

f:id:posuchi:20210112143314j:plain

 

 

 

 

そう言えばアオサギの舌って、すごくないですか?(拡大)

f:id:posuchi:20210112143327p:plain

サギの舌は魚を上手く捕まえるために、ゴツゴツしているみたいです。

舌骨が発達し、このようにデコボコしているようです。

さすがは魚採り名人!

 

人間とは違いますね~。

 

 

 

 

 

 

 

サギ達の戦いも決着がつき、

見応えのある空中戦を鑑賞し終えたので、さぁ別の場所に移動しようかという時に、

急にどこにいたのか小鳥たちがザワッと騒ぎだしました。

 

 

 

 

何事か(再び)と思ったら、なんとせっかくサギが落ち着いて止まった木に、小型の猛禽類が入っていくのが見えました!

 

 

 

 

 

体が灰色で、尻尾が灰色と黒のしましまの。この子です。

f:id:posuchi:20210112143401j:plain

隠れてしまったので、なかなか全体がわかる写真が撮れなかった…。

たぶんハイタカだと思うんですけど(猛禽類に自信なし)。

 

 

ツミという小型のタカとハイタカが似ているそうなのですが、ハイタカのほうには白い太眉があり、ツミはない(細い?)ようです。

白い太眉………ある!!

 

 

 

ツミは以前見たことがあったので、今度は今まで見たことがないハイタカだといいなという思いも込めて、私の中ではハイタカだと思っています。笑

(こんな普通の公園にハイタカがいるのか定かではないけど。笑)

 

 

 

 

 

 

それにしても、野生の勘というか、危険察知能力ってすごいと思いました!

体はサギのほうが断然大きいのに、サギがいくら上空を飛行していても小鳥たちは全然反応しなかったんです。

 

それなのに、猛禽類が少し近づいただけで小鳥類たち全員が「逃げろ!」と鳴いて飛んで行ってしまいました。

 

それほどまでに猛禽類は小鳥たちにとっては脅威の存在なんですね。

そりゃあ体調悪くても狙われないためにギリギリまで隠しますわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところ変わってよく行く池でちょっとおもしろいカワウの写真が撮れました。

f:id:posuchi:20210112143450j:plain

カワウも正面顔。

 

 

 

f:id:posuchi:20210112143502p:plain

本当、拡大すると「アンタ、こんな顔してたっけ!?」になります。笑

 

 

 

 

 

 

 

お得意のポーズも繰り広げちゃいます。

f:id:posuchi:20210112143525j:plain

このカワウ、自分のことを全知全能の神と思ってそう。笑

 

 

f:id:posuchi:20210112143534j:plain

あやしい宗教の教祖様のようです。(←ひどい言いがかり)

 

 

 

 

 

 

 

そんなカワウの足元ではこれまた平和にマガモちゃんたちがのんびりしていました。

f:id:posuchi:20210112143548j:plain

 

 

 

これもマガモ…?

f:id:posuchi:20210112143559j:plain

顔の色がちょっとだけ変わっているけど…。

 

 

 

 

 

 

 

 

カルガモマガモの群れの中で1羽だけ違う色に見えたカモがいたので、撮影して見ると…

f:id:posuchi:20210112143608j:plain

オカヨシガモというカモちゃんでした。

色が地味めだったので、よく見ないと見逃すところでした。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、寝ているかと思って撮ったらバッチリこっちを見ていたマガモ

f:id:posuchi:20210112143619j:plain

「なんですか?」と言いたげな目です。

 

 

 

 

カモも冬になると色々種類が触えておもしろいですね♪

縁起の良い?ツルの仲間たちと、違う運命の白鳥たち

明けましておめでとうごいざます。ぽすちです。

 

今年はあまりお正月感もなく、いつの間にか三が日が終わっていたような感じです。

暇だったので、鬼滅の刃の電子コミックを大人買いしてずっと読んでました。笑

20巻ちょいで終わると気軽に読めるので良いですね♪

 

 

 

*****************************

 

新年ということで、

なんとなく縁起が良さそうなツル目の仲間たちの写真をあげていきたいと思います。

 

 

鶴は千年、亀は万年。

 

野生の鶴は関東では見れない(と思う)ので、

今日の主役はこの子です。

f:id:posuchi:20210107144405j:plain

真っ黒い体に赤い瞳、白いくちばしと額の、オオバン

たそがれていますね~。

 

 

 

 

 

冬になるとよく公園の池などでも見かけます。

 

何食わぬ顔してカモ面して泳いでいますが、

f:id:posuchi:20210107144417j:plain

f:id:posuchi:20210107144431j:plain

カモ目ではなく、ツル目。

分類でいくとツルの仲間に当たるようです。(ツル目クイナ科オオバン属)

 

 

でもどのカモ達とも仲良く?一緒に泳いでいる姿をよく見かけるので、勝手にコミュ力が高い水鳥なんだなと思っています。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてオオバン最大の特徴と言えばこの足!

f:id:posuchi:20210107144439j:plain

えーー!

サイズ感それでいいんか!?

と言いたくなるほどのビックフット。

小顔が余計に足の大きさを強調しています。

 

 

 

 

 

カモは水かきで指と指が繋がっていますが、

オオバンの水かきは指1つ1つについている感じなんです。

 

 

 

 

 

後姿もスゴイ。

f:id:posuchi:20210107144447j:plain

神様のいたずらのようです。笑

 

 

 

 

 

 

こんな足なので、歩くのが得意のようで、

浅瀬いる姿をよく見てみると、泳いでいると見せかけて水底を足で掴んで歩いていることもありました。

 

ちなみに主食は水草です。

岩についた水草などを上手にとって食べていました。

 

 

 

個人的には水の中にいるイメージが強かったオオバンですが、団体でいるとぞろぞろと陸上にあがっていくこともあります。

f:id:posuchi:20210107144503j:plain

f:id:posuchi:20210107144514j:plain

陸上でも草をはみはみ。

陸上にいるとなんだか丸いシルエットが鶏のようです。

水かきで指が繋がっていないので、カモ類より歩くのが得意です。

 

 

 

 

 

ぞろぞろと行儀よく列をなして歩くオオバン

オオバンの幼稚園のようです。

f:id:posuchi:20210107144524j:plain

 

 

 

オオバンは近年、日本での越冬・繁殖個体が増えているそうです。

確かに冬になるとかなり数を見ます。

 

 

 

日本では冬鳥(一部は留鳥)なので、どこからか飛んできているみたいなのですが、

そう考えるとオオバン

 

泳げる

歩ける

飛べる

 

水・陸・空を全制覇しているスゴイ奴じゃないですか?

なんだか見直しちゃうなー。

 

 

ちなみにもう1つオオバンを見直すポイントとして(←もとから誰も見下していない)

他の鳥にはない特徴を持っています。

 

 

それは白いくちばしです。

確かに体が白い鳥はよく見かけますが、くちばしが白い鳥ってあまり見ないですよね!

 

どうでしょう?

オオバンの魅力を再確認できたでしょうか。

 

ちなみに我が家のオオバンの扱いは「う~ん。他に撮る鳥がいないからとりあえず撮っておくか。」です。←ひどい。

 

 

 

 

 

夏によくこのブログに写真をあげていたこの子

f:id:posuchi:20210107144536j:plain

バンも同じツル目の仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

あともう1種類、先日たまたま他のツル目の仲間を見かけました。

f:id:posuchi:20210107144548j:plain

f:id:posuchi:20210107144556j:plain

クイナです。

沖縄で有名なヤンバルクイナの仲間です。

背景と同化しています。

 

暗がりが好きみたいで、すぐ草むらの中に体を隠してしまい、なかなか見つけるのが難しかったです。

 

 

 

 

 

 

ツルは北海道にでも行かないとなかなか見ることができませんが、ツル科の仲間たちは案外身近にたくさんいますね♪

 

 

 

 

 

 

 

ついでに個人的になんとなく縁起が良さそうな鳥で、年末に撮りためていた白鳥の写真を。

f:id:posuchi:20210107144615j:plain

コハクチョウです。灰色のは子どもかな?

わりと近い場所にコハクチョウの飛来地があったので、行ってきました。

 

 

 

毎年この川に飛来してくるようで、地元の方々が数を数えたり、写真コンテストを開催したり、大切そうにしていました。

一昨年の同じ時期は60羽来たそうですが、私たちが見に行った昨年末は30羽ほどでした。

 

杖をついたおじいちゃんおばあちゃんもこの白鳥を見に足場の悪い川沿いを歩いており、どこに白鳥がいたか聞かれたので地元民でもなんでもないですが教えて差し上げました。笑

 

 

 

 

川にぷかぷか浮いていたので、川の魚でも食べているのかと思ったら、白鳥は草食系のようで、近くの田んぼで稲(落ち穂?)を食べているみたいです。

 

 

朝になると田んぼへ行って稲を食べ、昼になると川に戻ってきてのんびりするのが日課のようです。

 

f:id:posuchi:20210107144629j:plain

確かにのび~っとしていました。

他には昼寝したり、羽繕いしたり、終始リラックスモード。

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20210107144642j:plain

立ってみると意外と逞しい下半身。笑

でも遠くから渡ってくるんですもんね。筋肉は必要です。

 

 

 

 

 

 

ここのコハクチョウ達は、暖かくなるまでここで地元民に見守られながらゆっくりと羽を休めていくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

一方。

全く違う扱いの白鳥も見てきました。

f:id:posuchi:20210107144656j:plain

コブは見られませんが、コブハクチョウとのこと。

コハクチョウはくちばしの付け根が黄色いのに、コブハクチョウは付け根は黒く先端が黄色いんですね。

 

 

これは以前撮った千葉県の手賀沼というところにいるコブハクチョウです。

ここのコブハクチョウは誰かが飼っていたものが野生化したのか、飛来した個体が住み着いたのか、1年中ここにいるそうです。

 

 

 

先ほどのコハクチョウしかり、朝になると近くの田んぼに出かけて稲穂を食べるらしいのですが、それが1年中続くとなると…

農家さんが頭を悩ませるのもわかります。

 

呼ばれ方も外来種とか言われていました。笑

 

 

 

 

 

近くの公園を普通に歩いています。

f:id:posuchi:20210107144732j:plain

 

 

 

 

近くで見ると結構大きくて迫力があります。

f:id:posuchi:20210107144708j:plain

やはり逞しい下半身。笑

 

 

f:id:posuchi:20210107144719j:plain

つま先が気になる?

 

 

 

 

稲作に結構被害が出ていて、地元の農家さんは困っているみたいですが、鳥獣保護法とかで無理矢理捕まえるわけにはいかないそうです。

大変…。

 

きっと手賀沼が住みやすかったんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

同じ白鳥の仲間でも場所や個体が変わればこんなに扱いが違うのかと衝撃を受けた出来事でした。