のんびり鳥活+α日記

のんびり鳥活+α日記

~鳥とともに選択多きアラサーを駆けぬける~

こいつら似すぎでしょ……なサギ。

こんにちは。ぽすちです。

夏本番になりまして、最近はトマトにフレンチドレッシングをかけて食べることにはまっています。

 

私は昔から生のトマトを食べると口内炎が高確率でできるんですけど、

トマトはそういう食べ物だと思っていました。

(でも美味しいから気にせず食べます。)

 

学生のときにみんなはそうでないと知った時の衝撃と言ったら…!笑

 

 

大人になってからわかったことですが、

スギ花粉症の人はトマトを食べると口内炎ができる人がいるそうです。

スギ花粉とトマトの何かの成分が似ていて、反応してしまうそうです。

 

 

 

そうです。私はスギ花粉持ちです。(今年イネも発症しましたが。)

謎の口内炎に悩んでいる方、実は花粉のせいかもしれませんよ…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

************************************

 

 

夏になると平地林ではレギュラーメンバーくらいしか観察できなくなるので、

最近は水辺に行き、水鳥を観察するようにしています。

 

 

 

 

 

 

先日はゴイザギを見つけました。

f:id:posuchi:20200805173101j:plain

 

なんか……ペンギンに似てません……?

 

 

 

 

 

 

シルエットとか色とか似てるなぁと思い

「ゴイザギ ペンギン」で調べてみると

 

なんと、ゴイザギの奴、

この外見を生かし動物園のペンギンゾーンに入り込んで

エサの魚を盗ってしまう個体がいるそうです…!笑

 

 

 

ペンギンの仲間面して柵の向こう側でたたずむ写真がいくつもあり

見ていて楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴイザギの幼鳥「ホシゴイ」も近くにいました。

f:id:posuchi:20200805173206j:plain

全然色が違いますよね。

でもこの鋭い眼光が大人のゴイザギを彷彿とさせます。

 

 

 

 

 

 

 

途中でもう1羽いました。

f:id:posuchi:20200805173139j:plain

ちょうどホシゴイから大人になる中間の子だなー

珍しいタイミングで見れてよかったよかったー

なんて思いながら帰宅したところ…

 

 

 

 

 

なんとこの子だけ別の種だということがわかりました…!

 

 

 

 

 

 

 

 

え…だってどう見ても

f:id:posuchi:20200805173206j:plain

f:id:posuchi:20200805173139j:plain

f:id:posuchi:20200805173111j:plain

の流れじゃないか……!!!

 

出たよサギの見分けの難しさ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20200805173130j:plain

真ん中のこの子は「ササゴイ」というサギの幼鳥のようです。

 

 

 

 

f:id:posuchi:20200805173148j:plain

髪の毛がふさふさ…!(ちょっとわかりづらいですけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴイサギササゴイ

名前も似ていますが、見た目もそっくり。

 

 

見分け方としては、目の色(虹彩)を見ると良いらしいです。

 

 

 

 

 

まず、ゴイザギは

f:id:posuchi:20200805173120j:plain

赤色です。

ぱっちりおめめ可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ササゴイ

f:id:posuchi:20200805173158j:plain

黄色です。

あと、幼鳥は背中に白い斑点がないらしいです。

(ゴイザギの幼鳥は背中まで白い斑点があります。)

 

 

 

それにしても…髪型w

絶対ギター弾けるよこの子。笑

 

 

 

 

 

 

こんなロックンローラーみたいな髪型をしていますが

ササゴイは実は釣りの名人らしいです。

 

虫や葉っぱを疑似餌として川に流し、そこに近づいてきた魚を捕まえるという

なんとも頭の良い鳥なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに先日別記事にあげたこの子は、ヨシゴイ。

f:id:posuchi:20200724173518j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴイサギ。ホシゴイ。ササゴイ。ヨシゴイ。

 

鳥好きの私でもさすがに混乱してきました…!笑

鳥の背中コレクション

こんにちは。ぽすちです。

関東はやっと梅雨明けしました!

 

こんなに梅雨が長かった記憶がないくらい梅雨が長く感じましたが、

梅雨開けが遅い記録、今年は観測史上第3位らしいですね。

 

 

 

梅雨明けした途端の猛暑で、

家の中があっついです。

 

ぽすち家は2階リビングなので死んでいます…。

 

 

ベランダに打ち水をすると良いという情報を見つけ、

早速夕方に打ち水をしてみましたが

確かにいくらか涼しく感じました。

 

先人達の知恵って素晴らしいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

****************************

 

今日は、撮りためておいた?

いつの間にかシリーズ化できるほど溜まっていた?

 

なんともマニアックな

「鳥の背中コレクション」の写真を載せたいと思います!

 

 

 

みんなもちろん顔も可愛いけど、背中も可愛いです。

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちら。

f:id:posuchi:20200802110709j:plain

カワセミの背中。

 

この青色に光が反射して、キラキラと綺麗な印象を与えてくれます。

光の当たり具合によって違う色見にも見える素敵な背中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、こちら。

f:id:posuchi:20200802110718j:plain

オナガの背中。

 

この灰色×グレーブルーっぽい色見が素敵です。

 

 

 

全然関係ないんですけど、

オナガって色見とかシルエットとかが綺麗だなと感じていたので

 

夫に「オナガって綺麗な鳥だよねー」と言ったところ、

 

夫「そうか?チョコプラの松尾に似てるじゃん。」

ですって…!!

 

 

 

f:id:posuchi:20200802112323j:plain

そう言われたらもう松尾にか見えなくなってきてしまいましたw

確かに髪型?が似てるような…笑

 

最初はベレー帽みたい!とか思っていたのに。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、続いてはこちら。

f:id:posuchi:20200802110729j:plain

カルガモの背中。

 

カルガモは背中というより、このおしりが可愛いですよね。

ドナルドみたいな。プリプリ。

 

 

茶色の印象が強いですが

青色のワンポイントがあるのも要チェックです。

 

 

 

水の中でたたずんでいるのかと思っていたら

ちゃんと木の上に乗っていて可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、こちら。

f:id:posuchi:20200802110740j:plain

ヒヨドリの背中。

顔には、オカメインコちゃんみたいにほっぺたに丸があります。

羽の下の方はそのほっぺたと同じ赤茶っぽい色なんですね。

 

 

可愛い顔して、結構気が強く

冬になると実家の柿の木に来て、

メジロやスズメなどの小さい鳥を追い払って柿を独り占めしてしまうんです。

 

名前の通り「ピーヨ」と鳴きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてはこちら。

f:id:posuchi:20200802110753j:plain

スズメの背中。

 

 

 

f:id:posuchi:20200802110802j:plain

ちらっ。

 

 

 

背中の模様、よく見るとウリ坊みたいで可愛いですね。

でも顔はよく見てるとヒゲが生えてるおじさんに見えてきてしまいます。笑

 

冬のふくらんだスズメも一押しの可愛さです。

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の背中は…

f:id:posuchi:20200802110813j:plain

うちのセキセイインコちゃんの背中です。

 

換羽が終わったのかな?と思ったら

背中にホクロみたいな黒い点が…!

 

 

セキセイも色んな色がいて綺麗ですよね!

うちのは水色と白ベースですが

オーストラリアにいる野生のセキセイはほとんど黄色と緑みたいです。

 

 

そのほかにもふなっしーみたいな色合いの子や

ひよこみたいな色合いの子もいて

見ているだけで楽しいです^^

 

 

ついつい自分が飼っている子と同じ色合いのグッズが売っていたら買ってしまいます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。

背中ではなくむしろ正面ですが、

f:id:posuchi:20200802110822j:plain

「阿修羅みたいなシジュウカラ」と名付けました。笑

 

 

狩りの名手たち(水辺の鳥)

こんにちは。ぽすちです。

 

先日ここに書いたベッドのカビ問題ですが、

無事に解決しました…!

 

カビ取りクリーナーでもとれなくて、

消毒用エタノールをかけて拭きとると良いという情報を信じて

薬局へ駆け込んだのですが、消毒用エタノールは売り切れ…

(コロナの影響のようです)

 

仕方なく、効果があるかわかりませんでしたが

家にあった台所用アルコール99%をかけて拭きとったところ

見事にカビ退治に成功しました…!!

 

しばらくは逆にアルコール臭くなりましたが(笑)

半日ほど換気をしたらその匂いもなくなりました。

皆様もカビにはお気をつけください…。

 

 

 

 

 

 

 

 

*****************************************************

 

今日は、先日のサギ達と同じ沼にいた

狩りの名手たちを紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

まずはこちら。

f:id:posuchi:20200728152852j:plain

カイツブリちゃんです。

子どもがいたので撮ってみました!

 

黒目がちの目が可愛いです。

 

 

 

これが大人になると

f:id:posuchi:20200728152902j:plain

なんでこのような点目になるんですかね…?笑

 

でもこのおとぼけ顔が私は好きです^^

 

 

 

 

 

カイツブリは潜水して魚やザリガニなどを捕ります。

潜水時間は10秒ほどでそんなに長くありませんが、

浮かび上がってきたと思ったら休む間もなく、すぐにまた潜水します。

 

可愛い顔して意外とガッツがある鳥ですね。

 

観察していると結構獲物をくわえていることが多いので

意外と成功率が高めなのかもしれません。

 

 

自分の顔より大きい獲物も、

水面に叩きつけて小さくして丸飲みしてしまいます。

 

 

 

 

丸飲みの様子はこちら↓

 

posuchi.hatenablog.com

 

今回見たカイツブリは、子どもももう親の真似をして潜水していました。

親鳥と比べると、潜水時間が短かったのも可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次の名手はこちら。

f:id:posuchi:20200728152914j:plain

カワウさんです。

 

やっとカワウポーズが撮れました♪

これ、一瞬の羽ばたきの瞬間ではなく、

しばらくの間ずーっとこうしています。

 

 

水鳥は普通、羽根に油がコーティングされているので

水に浮きやすい設計になっているのですが、

 

カワウはもうそんなものは捨てています。

 

 

 

とにかく狩りに特化した種なので、

羽根の油は少なくし、長時間水に沈んでいられる設計にした

なんとも男気あふれる水鳥なのです。

 

 

 

その結果が、上の写真のように、

水からあがったら羽根を広げて乾かすという

原始的な解決方法なんですけどね。笑

 

 

 

カイツブリの潜水時間が10秒ほどと書きましたが、

カワウはなんと1分以上も潜水していられるそうです!

 

そして深さも最深で10メートル弱くらいまで潜れるみたいです。

 

そりゃあ鵜飼い漁にも使われますよね。

 

 

ちなみに日本の鵜飼い漁で使われるのが

海に住んでいるウミウ

中国の鵜飼い漁で使われるのが

こちらのカワウだそうです。

 

 

 

 

そんなカワウですが、

実は1970年代には水質の悪化などで、

3000羽ほどまで数が減少してしまったそうです。

 

しかし、最近では逆に数が増えすぎて

西日本を中心に害鳥扱いされて、駆除される個体も出てきているそうです…!

アユを食べまくっているみたいです^^;

 

なんとか良い感じに共生できるといいのですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後の名手がこちら。

f:id:posuchi:20200728153014j:plain

コアジサシさんです。

 

なんだろう…

なんか頭の柄のせいか

おかっぱ頭に見えません…?笑

 

でも目の横の黒いラインがクールな印象を醸し出してて

そのギャップが素敵ですね。

 

 

 

 

コアジサシは今までの2種とは違い、

空から獲物を狙います。

 

上空からエビや小魚などを見つけると

空中でホバリングして、垂直に入水します。

 

その時のスピード感と言ったらもう

スピードスターとして名を馳せた

千葉ロッテマリーンズ西岡剛選手もびっくりです!

(他の2種とは違い具体的な数字が出せず、すみません笑)

 

f:id:posuchi:20200728152923j:plain

f:id:posuchi:20200728152932j:plain

f:id:posuchi:20200728152941j:plain

f:id:posuchi:20200728152951j:plain

f:id:posuchi:20200728152959j:plain

入水の瞬間をなんとか頑張って連写してみました。

顔から行くタイプなんですね。

 

 

 

このコアジサシ達ですが、

実は絶滅危惧種らしいです。

 

繁殖地が減ってしまっているそうで、

今日本全国でも繁殖地を守る活動が行われているみたいです。

 

 

オーストラリアのほうから赤道を越えて

わざわざ日本に来てくれているみたいなので

暖かく見守って行けたら良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に、いつもこのブログを見てくださっている方から

どんなカメラを使っているのですか?というありがたい質問を頂き、

私のような初心者がカメラを語るのも申し訳ないくらいですが

僭越ながら答えさせて頂きます。

(kknsさんいつもありがとうございます…!)

 

 

 

 

カメラなのですが、

実はお見せするのもちょっと恥ずかしいくらいの

コンパクトデジカメなんです。笑

 

 

こちらです。

f:id:posuchi:20200728153033j:plain

NIkonCOOLPIX B600と書いてあります。

 

 

コンデジなので、他の鳥撮りさんと比べると

望遠の限界で「被写体遠っ!」だったり

シャッタースピードの限界で「とまっている写真多くない?」

みたいな写真が多いのですが、

個人的にはカメラ初心者には充分かなと思っております!

 

 

 

 

このカメラの良いところは

「鳥モード」というものがあり、

限界まで望遠すると…

f:id:posuchi:20200728153048j:plain

ここまで伸びてくれます。

 

 

 

 

逆に欠点はと言うと

オートフォーカスしかないので

ピントがなかなか合わせられないときがあります…。

 

枝と枝の間にいる鳥を撮りたいときなど、

枝にピントが合ってしまい、ピントを合わせている間に飛び立ってしまった…

なんてこともよくあります。泣

 

 

 

 

このままバードウォッチングを続けていくうちに

もしかしたらこのカメラでは満足できなくなって買い換えることもあるかもしれませんが

しばらくはこのコンデジちゃんで一緒に色んな鳥を撮れたらなぁと今は思っています。

 

 

 

今週もまた晴れ間があったらこのコンデジをお供に

鳥を見に行きたいと思いますので

またブログを見に来て下さると幸いです♪

サギーズいろいろ

こんにちは。ぽすちです。

 

なんか寝室がカビ臭いなと思っていたら

なんとベッドのフレームがカビていました…TT

2年前に買ったばかりなのでショックすぎます…。

 

 

今年は梅雨が長くてあまり寝室の風通しをよくできなかったので

確かにカビが好きそうな条件ではありました。

 

 

カビ取りクリーナーなるものを買ってきたので

明日早速試してみたいと思います。

 

カビ取り……。

我が家の最重要課題になりました。(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

***************************************

 

 

4連休真っただ中ですが

連日のコロナ感染者増加のニュースを見ていると

どうも遠出する気になれず、

近所の鳥スポットをブラブラする毎日です。

 

 

 

 

今日は、いつもの沼に行ってきました。

色んなサギがいたのでアップしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

まずは、目の前を優雅に飛んで行ったこのサギ。

f:id:posuchi:20200724173413j:plain

 

アオサギです。

 

サギって飛ぶとき首をすぼめて、両足をピンと揃えているところが

なんか可愛いですよね♪

 

ふわふわと優雅に飛んで行ったのですが

思うように着地ができなかったらしく

3か所くらい降りかけてはやめて…を繰り返していました。笑

 

 

翼の色が灰色っぽいので

アオサギはサギの中でも見分けやすい感じがします。

 

 

 

 

 

 

 

 

アオサギの近くにいたのがこちら。

f:id:posuchi:20200724173422j:plain

チュウサギさんです。

 

 

 

 

以前、こちらで↓

posuchi.hatenablog.com

 

この白いサギ達は見分けがなかなか難しいという記事を書きましたが、

今回はわりと近くにとまってくれたお陰で

なにサギかわかりました!

 

足が黒く、くちばしの切れ込みが目より後ろに来ていないので

きっとチュウサギのはずです。

 

 

チュウサギも意外と個体数が減っているようなので

ゆっくり休んで、仲間を増やせるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、別のチュウサギ?の隣にいたのは…

f:id:posuchi:20200724173434j:plain

ホシゴイちゃんです。

左からホシゴイ・チュウサギ・カメ(←アカミミかな?)の順に仲良く座っています。

 

ホシゴイちゃんあごをカキカキしててなんか可愛いですね。笑

 

 

 

このホシゴイという名前ですが、本名ではありません。

ゴイサギというサギの幼鳥をホシゴイと言うそうです。

 

大人のゴイサギは近くにいなかったのですが、

大人はこのホシゴイのシルエットで、アオサギのような色合いをしています。

 

 

ホシゴイは背中の白いポツポツの模様が星のように見えるので

ホシゴイと呼ばれるとかなんとか。

 

 

あまりにも大人と色合いが違うので

最初見たときは別の鳥かと思ってしまいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今日1番撮影者が多かったであろうサギがこちら。

f:id:posuchi:20200724173443j:plain

これ、なんのサギかわかりますか……?

 

 

 

私も夫も最初なんの鳥かわからず、

なんかカモメの仲間…?とか

なんかサギの幼鳥じゃない…?とか

言っていたのですが、

 

どうやらベテラン野鳥カメラマン達の会話が漏れ聞こえてきたところによると

『ヨシゴイ』というサギのようです。

 

 

 

 

 

 

このヨシゴイさん、

サギの仲間なのに、全然大人しくとまってくれないんです。笑

 

 

 

 

お!とまりそう…!と思って必死でカメラで追っていくと

f:id:posuchi:20200724173454j:plain

こうやって背の高い葉っぱに近づき

 

 

 

 

 

f:id:posuchi:20200724173507j:plain

中に入り込み、隠れてしまいます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果がこちら。

f:id:posuchi:20200724173518j:plain

 

f:id:posuchi:20200724173538j:plain

 

 

ちょいと…。

 

擬態うますぎません…?

 

 

 

 

しかも全然動かないんです。

 

双眼鏡で

ん?あれは鳥?いや、葉っぱかな?とじっくり見ていると

急に首だけ動き出し、あっという間に別の場所に飛んで行ってしまいました。

 

 

 

 

ハスの葉っぱの上をガニ股で歩くらしいのですが(笑)

その姿は撮れませんでしたTT

 

 

なかなか全貌を上手く撮ることができなかったので

また次回もっと近くで撮れたらいいなぁと思います。

 

こういう鳥を撮るために

みんなバズーカのようなカメラで長時間スタンバイしているんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回登場したサギの仲間

ゴイサギ』『ヨシゴイ』。

 

 

他にも

『ミゾゴイ』『ササゴイ』など

“ゴイ”という名前のついたサギが沢山います。

ややこしいですね。笑

 

 

 

これは昔々、醍醐天皇の時代まで遡るらしいのですが、

天皇が家臣に「あの鳥を捕えよ!」と言い、

捕まえさせた鳥が、今で言うゴイサギだったらしいんですね。

 

 

捕える時に全然逃げなかった良い子だったので

天皇より「五位」という位を貰って五位鷺ゴイサギ)になったそうです。

 

 

 

他のサギ達はゴイサギのお陰で

五位という位のついた名前が貰えたのでラッキーですね。笑

 

 

 

 

 

 

ちなみにサギ達はペリカン目に分類されるそうです。

言われてみたらちょっと顔が似ているような…?

 

 

 

 

 

 

 

今日はサギ達以外にも水辺の鳥を撮れたので

また別の日にアップしていきたいと思います^^

 

お読み頂き、ありがとうございました!

いつかベランダに鳥をお招きしたい

こんにちは。ぽすちです。

最近、地元の友達と週に1回程度テレビ電話をしています。

コロナが怖く、なかなか地元に帰ることができていないのですが、

テレビ電話だと顔を見て話せるので会って話しているみたいに楽しいです^^

 

あと、なぜか少し前に、還暦を迎えた父が突然ギターを始めたらしく

Fのコードが鳴らないから教えてくれとテレビ電話が掛かってきたこともありました。笑

 

わりと機械には疎い私ですが、

これからはこのような新しいコミュニケーションの取り方が進んでいくのだと実感しました。

気軽に会えない分、会える時間は今までとは比べ物にはならない程、貴重に感じそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、初めてムクドリの子どもを見ました。

f:id:posuchi:20200720134947j:plain

親のあとをついて周り、地面から取った虫を貰っていました。

親鳥と比べると、一回り小さく、くちばしは先端だけ黄色い感じです。

こうやってエサの取り方を学んでいるんですね。

 

 

 

 

 

 

そういえば、以前こちらのブログでお伝えした↓

 

posuchi.hatenablog.com

 

 

お隣の家に巣を作ったっぽいムクドリ一家ですが、

1カ月程したら巣立ちを迎えたようで、気づいたらいなくなっていました。

 

ただ、上の写真にあげたような幼鳥の姿は見ることができず、

もうすでに大人の姿になったムクドリが6羽くらい

うちの屋根の上をウロウロしている姿をしばらく見かけたくらいです。

 

 

 

 

巣立ちの1週間前くらいは本当にギャーギャーうるさかった…。

やっと巣立ったか、と思っていましたが、

いなくなるとなんだか少し寂しい感じがしますね。

 

 

 

 

ただ、ムクドリ達は懲りずに、

巣立ったあとにまたお隣さんの2階の別の戸袋に巣を作り始めていました。

やりたい放題だけどお隣さんはいいのかしら…笑

 

 

 

 

 

最近ではムクドリはまた群れになって

よく近所にある木の上や電線に止まって夕方になるとうるさく鳴いています。

 

 

 

 

 

 

ムクドリという名前に関して、

ムクの木が好きだからムクドリになった説と、

木に群れる、群れ木鳥からムクドリになった説があるそうですが、

私はどうも後者のような気がしてなりません^^;

 

 

鳥と人間と上手く共生できるといいのですが、

今のところムクドリはちょっとした害鳥扱いされていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、上にリンクを貼ったブログ記事にも書いた通り、

我が家のベランダにいつか野鳥をお招きするべく、木を植え始めました。

 

前回はユスラウメという木を植えたのですが、

ユスラウメは梅雨にも負けず、すくすく育ってくれています。

 

あまりにも雨が降るので、今まで1回しかお水をあげたことがありません。

 

 

 

 

 

そして、今回、更にもう1つ。

野鳥が好きそうな木を植えました。

 

それがこちら。

f:id:posuchi:20200720134928j:plain

フェイジョアという木らしいです。

 

 

我が家の選定基準は

・虫が付きにくい

・ベランダでも大丈夫なほど暑さに強い

・そして何より野鳥が好きそうな花や実をつける

 

この3つで決めていますが、フェイジョアは見事に3つをクリアしたので

我が家にお迎えしてみました!

 

 

 

 

今年はすくすく育ってもらい、

徐々に野鳥たちに木の存在を知ってもらい

いつか実を食べに来てくれたらいいなぁ、と夢見ております。

極狭庭なし一軒家だけれども!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、いつ載せるか完全にタイミングを失っていた写真を1枚。

f:id:posuchi:20200720134957j:plain

何の鳥かわからずしばらく調べていたので

気づいたらすでに撮影から1カ月ほどたってしまったのですが

これはホオジロの幼鳥のようです!

 

 

 

 

 

 

ちょっと遠いけど大人のホオジロはこちら。

f:id:posuchi:20200720135007j:plain

 

 

 

 

鳥ってオスとメスや、子どもと大人で色が違うことがあるので

いつも惑わされてしまいます…!

 

もっと色々な鳥を見て経験値を上げていきたいと思いました。

いつもとはちょっと違うレギュラーメンバー

こんにちは。ぽすちです。

最近やっと台所用のアルコールスプレーが手に入るようになってきました。

 

一連のコロナ騒動があって以来、

国内の企業を応援したい気持ちが一層高まり、

なるべく国産のものを意識して買うようになりました!

もちろんアルコールスプレーも MADE IN JAPANです。

 

ただ、長年使用していたしょうがのチューブ。

中身が中国産だと今回調べて初めて気づきましたTT

 

全てを国産でまかなうのはなかなか難しいんですね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は雨続きで

新しい出会いがなかなかなかったのですが

いつものメンバーの、いつもとはちょっと違うショットが撮れた気がするので

アップしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちら。

タイトル『曲がったネクタイ』

f:id:posuchi:20200714142236j:plain

シジュウカラの幼鳥ちゃんです。

 

いつもはビシっとまっすぐなネクタイが

この写真では曲がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

でも、正面を向くと

f:id:posuchi:20200714142247j:plain

まっすぐ元通りになりました。

そういう仕組みなのね。笑

 

 

 

 

 

 

ちなみに近くにいたパパシジュウカラはと言うと…

f:id:posuchi:20200714142257j:plain

ものっすごい太いネクタイ!

 

ネクタイと言うより

もはやダルマインコのようなあごひげに見えます。笑

 

 

 

シジュウカラはこのネクタイの幅が広い方がモテるそうです。

なので、きっとこのパパシジュウカラはモテモテのはず!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして

タイトル『ぼさぼさ』

 

f:id:posuchi:20200714142308j:plain

 

初め双眼鏡を覗いたときは

なんだこのみすぼらしい鳥は…!喧嘩でもしたんか?

と、思いましたが

よく見るとヒヨドリが濡れていただけでした。

 

みすぼらしいとか思ってごめん。笑

 

ここまでビチョビチョになっているなんて、

水浴びでもしたんでしょうか。

 

尾羽の広がりがすごいことになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして

タイトル『亀……?』

 

f:id:posuchi:20200714142319j:plain

これ、カイツブリの親子なんですけど、

なんか亀にシルエットが似ていません…?笑

スマホで撮影したのでボヤボヤしていますが^^;)

 

 

カイツブリは足が後ろの方についているので

歩くのが苦手という前情報はあったのですが、

ここまで後ろについているとは……!

 

本当に泳ぎ特化型の鳥なんですね。

 

 

 

親鳥がエサを捕るために潜水し、

浮かび上がってくると雛がピーピー鳴いてエサをねだる姿が

とても可愛かったです^^

 

 

 

 

 

 

 

そして最後

タイトル『正面』

 

f:id:posuchi:20200714142335j:plain

 

おなじみのコゲラなのですが、

いつも後ろ姿や横顔しか撮れなかったのが

今回は正面(やや下アングルですが)が撮れました!

 

 

すごいですね。

くちばしが釘のようです。

 

いつもの横顔とはまた違った雰囲気で

癒し系の可愛い顔をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、今回はレギュラーメンバー

ちょっと違う雰囲気の写真を載せてみました。

 

 

早く梅雨が終わってもっといろんなところに行けるといいのですが…。

梅雨明けはもうしばらく先のようですね。

 

可愛い顔して意外なギャップを持つ鳥

こんにちは。ぽすちです。

連日の雨で、家の中がムシムシします。

 

インコのケージに設置してある湿度計を見ると

昨日なんて湿度78%になっていました…!

 

エアコンの「除湿」ボタンを押したところ

すぐに50%まで湿度が下がりました。

やっぱりちゃんと効き目があるんですね。←失礼

 

飼っているインコとリクガメのためにも、

気温だけでなく湿度もこまめに気にかけてあげなくちゃですね…><

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、久しぶりにこの子を見ました。

 

f:id:posuchi:20200709141029j:plain

モズです。

 

色が薄いのでまだ若鳥だと思います。

 

大人になるともっと目の横の線が真っ黒になり

背中が灰色になります。

 

 

 

 

 

 

春はよく河川敷などで見かけたのですが、

なぜか最近はぐっと遭遇率が下がっていました。留鳥なのに。

鬱蒼とした森よりも、比較的開けた場所を好むようです。

 

 

 

 

 

 

モズは「百舌」または「百舌鳥」と書きます。

その漢字通り、他の鳥の鳴き真似がとっても上手な鳥です!

 

 

 

 

なんで他の鳥を真似するのかは

*色々な鳥の鳴き真似をする方がメスにモテるから説と

*他の鳥の真似をして小鳥をおびき寄せる説

など、多説あるようです。

 

 

 

 

 

……ん?

他の小鳥をおびき寄せてどうすんの?

と思うかもしれませんが、

 

 

 

実はモズさん……

こんなに小型で可愛い感じの鳥なのに

意外と肉食な一面があるんです。

 

 

 

食性は、

昆虫類←わかる

両生類←まぁ…わかる

鳥類←!?

 

だそうです。

 

 

 

なんとモズさん、こんな小型の鳥っぽい風貌で

他の鳥を食べるんですよー!驚き…!

 

ヒバリやヒヨドリなどなど、自分より大きい鳥も食べてしまうそうです。

 

 

 

 

全長は20センチなので、

セキセイインコ(=18センチ)とあまり変わらない大きさで

その食性…。すごいですよね。

 

 

 

 

 

 

そしてモズと言えば、有名なのは「はやにえ」ですね。

 

虫やトカゲ、カエル、鳥など、自分の食料を

有刺鉄線や、木の枝などのとがったところに

グサグサ刺しておきます。

 

f:id:posuchi:20200709141038j:plain

↑何かやっていたのではやにえかと思いましたが、違いました。

 のんびりしていただけのようです。笑

 

 

 

なぜこのような習性があるのかと言えば

こちらも

*なわばりの主張説

*保存食作り説

等、多説あるようです。

 

 

 

 

ただ、最近の研究によると、

はやにえの数が増えるのは年明け~3月頃が1番多いそうです。

 

3月以降になにがあるのかと言えば、

そうです。鳥は恋の季節ですよね。

 

 

繁殖期までに沢山保存食を作り、

他のオスに負けない体作りでもするのでしょうか。

 

 

 

このはやにえの数が多い男子ほど、

繁殖期になると女子にモテるという調査結果があるそうです。

 

 

 

 

野生の世界だとやっぱり

沢山エサを捕れると生き抜く能力が高いという証になるので

そういうオスのほうがモテるんですかね。

 

そりゃあメスだって沢山エサをくれるオスの方が魅力的ですもんね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズについてもう1点。

モズは他の鳥を食べるなら猛禽類の仲間なのか…?

と思いましたが、一応分類上は違うようです。

 

 

猛禽類の定義は、

鋭い嘴や爪を持って他の動物を捕食する肉食の鳥のようですね。

DNAで分類すると、タカ目とフクロウ目だけのようです。

 

 

モズも鳥を食べるので肉食な一面はありますが、

嘴や爪などは他の野鳥と同じ感じですし、

タカやワシに比べて鋭いとまでは言えないからですかね。

 

そういえばカラスだって他の鳥を食べるけど猛禽類じゃないですもんね。

 

 

 

 

でもモズは一応通り名として「小さな猛禽類」とも呼ばれているみたいですよ…!

なんか強そう!笑

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

モズは、スズメ目モズ科モズ属

カラスは、スズメ目カラス科カラス属。

 

 

 

 

 

 

 

植物の実をチュンチュンつまんでるだけの

あんなに大人しいスズメと同じ仲間だなんて……。

 

 

 

スズメ目の守備範囲広すぎ!笑